Rubyで進捗表示のスクリプトを書くとき

2021-01-23Ruby


(1..100).each { |n| print "#{'#' * n}#{'-' * (100 - n)} #{n}% \r"; sleep 1}

書き捨てスクリプトなどで進捗を表示させたいときなど\rを末尾に付けることで再描画できるので進捗が進んでいるような見え方をさせられる

alt