gcloudコマンドのインストール

2020-10-30GCP


以前はyumでインストールしていたが更新しようとしたらエラーに阻まれ困ってしまったので調べたらインストーラがあるらしい

Google Cloud SDK インストーラの使用  |  Cloud SDK のドキュメント

既存のパッケージマネージャーで使っているものを削除してから次のようにコマンドをたたくだけ

curl https://sdk.cloud.google.com | bash
exec -l $SHELL

別途インストールされたディレクトリへのパスを追加する必要がある

特にエラーに阻まれることなくインストールできたので今後この方法で行こうと思う

本当インストールに時間掛けるの無駄以外の何物でもないので…

追記(2020-12-03)

上記だけだとbqgsutilが入らなかったので次の方法のほうが良いかも

Google Cloud SDK のインストール  |  Cloud SDK のドキュメント

$ curl -O https://dl.google.com/dl/cloudsdk/channels/rapid/downloads/google-cloud-sdk-319.0.0-linux-x86_64.tar.gz
$ tar zxvf google-cloud-sdk-319.0.0-linux-x86_64.tar.gz
$ cd google-cloud-sdk
$ ./google-cloud-sdk/install.sh

追記(2022-06-25)

version 391ではインストールスクリプトの置き場所が変わってた

$ curl -O https://dl.google.com/dl/cloudsdk/channels/rapid/downloads/google-cloud-sdk-391.0.0-linux-x86_64.tar.gz
$ tar zxvf google-cloud-sdk-391.0.0-linux-x86_64.tar.gz
$ cd google-cloud-sdk
$ ./install.sh